2016年10月06日

日輪の帝国と篝火の皇女 1部

※壮大なネタバレを含むことがあるので読むときは注意してください。

自身のキャラクターを出さず、用意されたキャラで戦う形式。
1部、2部、3部とわかれてるので、なんとなくやりにくさを感じるのは自分だけかな。

1部は

【フローゼ】・・メインとは違って、可愛いなって感じ。
【アレクシア】・・こういう秘書キャラ好きだわ。 こんな人に支えられたい!!
【アストリア】・・強い!と思ったのは調整のおかげからか? 全体的に普通にイケメン。

Quest0 プロローグ
曲がなんか終焉っぽい?
いつもの悲しい音楽の勇ましいバージョンで、ちょっと怖さを感じました(’’
火フローゼつよーいってコメントを見かけたことがあったので、
どれだけ強いのか期待してたんですが、そこまで強いのか?(戦闘センス0のミリオンにはわからない
って思ってしまった自分は失格だろうか?
ちなみに、戦闘が終わって喋ってるときのBGMはいつもの悲しい曲の壮大バージョンでした。
相変わらずBGMいいなぁ。・w・

Quest1・2
フローゼの過去が分かる物語。 メインストーリーで気になってたので、なるほどって感じでした。
というか2のハウザー圧倒的やりすぎ感(’A’
戦闘の時だけ急激に成長する妹すごい感(’A’(気のせいか?
ギルザの試練という痛い言葉が耳に入ってきたの気のせいではないだろう。

Quest4
ギルザの最終ステージまで進むフローゼさんすごい(’’
自分はまだギルザは途中で止まってます。

Quest5
最後は大物4人で討伐任務。 相手は全部兵士だったので、オートでしたがかっこいいぜ・・!

とまぁ、1部だけだったので物足りなさを感じた過去編でした。
とりあえず2部に期待!


posted by ミリオン at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | キャラクター列伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。